刀語 第十二話「炎刀 銃」

刀語 第十二話「炎刀 銃」

大河小説として企画された西尾維新の代表作が、
大河アニメとして年間放送される。
その企みも今月今宵が最後となりました。
それでは最終回まで通して12話すべてを含めた感想を書いて参りましょうか・・・

右衛門左衛門の凶弾に倒れるとがめ。
そして、末期の会話を七花と交わす・・・



ここは原作との違いなんかを述べながら。

・とがめとの会話
原作ではもう少し皮肉っぽく汽口慚愧や凍空こなゆきのところへ行くがよかろうとか
致命傷で助からないとか言うわけですがアニメでは尺が足りないので、
ひたすら、七花との関係性に終始した会話になっていました。
初めは利用するものと利用されるもの。
とがめは復讐の為に仇の刀を取ったに過ぎず、
七花もそれほどの覚悟もなく飛び込んで行きます。
一年間、いろいろな敵と戦い、いろいろな人と触れ合い、
敗北も喫し、勝利を喜び、そしてとがめと七花は関係性を強めていきます。
そして、十二話。
とがめは完成形変体刀十二本の十二本目炎刀銃によってその命を絶たれます。
二人の会話は1年間の二人の成長を感じさせるものになっています。
そして、とがめの最後の言葉・・・
「・・・それでも、わたしはそなたに惚れてもよいか?」
切ない終わり。けれどこれしかないとも思える終わり。
正直ここからの展開はすべて蛇足ともいえる。

・家鳴十一人衆戦
原作の文字数を表すにはアニメは足りないので省かないといけないのは分かるが・・・
十一人衆戦は早かったねw
原作でもほぼ一撃ずつで倒してはいるのだけど、
十一人衆側の名乗りやなぜそこにいるのかなどをしゃべるくらいはあるのですが・・・
一言二言しゃべるかしゃべらないかで一撃必殺。
ただ一人誠刀銓を持たされた皿場工舎は銓を七花に投げて蹴り返されて、
額に受けて倒れるという落ちでしたが・・・十一人衆で唯一の生き残りになりそうですw

・左右田右衛門左衛門戦
原作ではわりとあっさり勝負が付くのですがアニメではだいぶ長くなっていました。
右衛門左衛門側が徒手空拳→二刀流→炎刀銃と戦いましたが、
原作では初めから炎刀銃で戦います。
炎刀銃の装弾数は6発と11発。
アニメではその説明は省かれていたのでそれよりも全然多い銃声が聞こえた気がしますw
勝負の行方自体は原作と同じだったもののアニメとして派手でかっこいい戦闘になっていたと思います。
細かい突っ込みどころには事欠かないわけですがあれはあれで良かったのでしょう。

・そして七花と否定姫は・・・
とがめを失った七花と右衛門左衛門を失った否定姫。
二人は旅を続けます。
しかし、それもひとつの可能性に過ぎないもの・・・
二人の本当の行き先は誰にも分からないのでしょうね。

・タネ明かしとか
否定姫は家鳴将軍との会談で四季崎の家系は占術師の家系だと明かします。
つまり、四季崎記紀は刀鍛冶などではなく占い師だと。
つまり例えば・・・
千刀は近代的大量生産の模倣、
賊刀は西洋鎧の模倣、
微刀(日和号)に至っては太陽電池を利用したロボット、
そして、炎刀は近代的自動拳銃。
つまり、占った結果を見て作ったとでも言うのだ。
このあたりはアニメだけでは分かり難いのではないかなと。
そして、四季崎記紀の目的は歴史の改ざん。
つまり、このお話自体がパラレルワールドでのお話で正しい歴史は別にあるとでも言っているのだ。
ただ、このあたりの話は原作を読んで類推すれば良いのであって、
アニメを見てすべてを分かる必要はないのかもしれない。

・全体を通しての感想
番組開始当初、とがめや七花の行動原理や考えが分かりにくいという話があった。
原作を知っているとそれは一年を通して得ていくことになることを知っているわけだが、
アニメだけ見てる人たちにはものすごく分かり難いところだったかもしれない。
こうやって十二話すべてが終わってみればそれすら伏線だったと思わせる展開になっている。
とがめと七花の最後の会話などスタート時点の二人では考えられない。
戦闘は今回の右衛門左衛門戦を頂点として、七実戦、校倉必戦、敦賀迷彩戦等良く出来ていたと思う。
お話としては4話ー5話ー3話という分けが出来ると思う。

1、七花には人間性が見られず戦った相手すべてを殺害した4話。
2、敗北を知り唯一の肉親を殺し人間性を獲得していった中盤5話。
 (※この5話では七実以外の対戦相手は殺していない)
3、奥州でのとがめの過去との決別、真庭忍軍との決着、否定姫との決着、
 家鳴将軍家との決着を含んだ終盤3話。

通して見ないとこの物語の良さは出てこないように思う。
また、現実の季節と劇中の季節を合わせた月一放送というのも良かったと思う。
欲を言えば一話につき+30分ほどあれば内容が濃くなったかもしれない。
が、それは望みすぎか。そうなると映画と変わらなくなるしね。
OP2曲、ED12曲も雰囲気に合って良かったと思う。
細かい突っ込みどころはいろいろとあるんだけど全体としては満足。
これを地上波でやってくれたことは一視聴者としてありがたく思います。
[PR]

by yukrid71 | 2010-12-12 14:43 | アニメ