ウィルスについて続報

おはようございます。yukridです。
下では多少取り乱していしまいましたがもうだいぶ立ち直りました。
しかしこれだけは言わせてもらう・・・

怪しい添付ファイルは開くな!

メールサーバのログとかウィルス対策製品のログとかより
社内の感染源としてはほぼ特定できてます。
けどまあ、ソイツが作ったりいきなりウィルス作者から受け取ったりするわけがないので
当然ながらその前の感染源があるわけです。
日本ではやはりN社とかN社とかF社とかH社とか大きいところが一時感染源として
疑われたり狙われたりしちゃうわけです。
まあ、最初のウィルスメールも複数宛先にばら撒いているでしょうから出所が一つとは
限りませんが・・・

ここを見ている方にもくれぐれも注意!
怪しいメールの添付ファイル及び送り元に心当たりがあったとしても前もって
連絡の無い添付ファイル等はウィルスの可能性が非常に高いです。
今回のようにウィルス対策製品のパターンファイルのアップデートが追いつかない
ウィルスが発生する可能性も少なからずあります。

ぶっちゃけ頼むからウィルス送るなと言いたいw

今回、うちの会社で発生したウィルスメールはこいつ

WORM_BAGLE.AT(トレンドマイクロ)
W32.Beagle.AV@mm(シマンテック)

ウィルス対策各社でまた呼び名が違うからさらに混乱するんだよなぁ。

んで、トレンドマイクロによるとまた新種が出ているらしいです。

WORM_BAGLE.AU(トレンドマイクロ)

あー、どっかでウィルス祭りをやってそうだ。
てかうちなんか小さいから被害もこの程度だけど大きいとこのシステム部門とかは
徹夜だったかもしれないなぁ・・・にんともかんとも。

まあ、最後に皆さんウィルスにはくれぐれも気をつけましょう!!!
[PR]

by yukrid71 | 2004-10-30 10:25 | VSN