今日はサンデー系の単行本の発売日でした。

というわけで今日買ってきたのは2冊。

「こわしや我聞」第3巻 藤木俊

「結界師」第5巻 田辺イエロウ

我聞のほうから。

こちらは謎の敵が現れる下りの解決編が巻頭に。
その後は國生さんと我聞のきずな(?)のお話が主にあって
あとはほっちゃんこと保科さん登場とか。
まだ、線が多いかなぁ。バトルがメインのお話に最近なっているので
これでもいいのかもしれない・・・
けど、個人的にはもう少し線がすっきりしているほうが好き。
まあ、お話は面白いです。

結界師。

こちらはうろ様のお話がメインかな。
必死に烏森の秘密を知ろうとする良守。
必死にうろ様から烏森の秘密を聞き出そうとするが・・・
「人間・・・森をくれと言って泣いた・・・悲しいのう・・・」
後半はインターミッション的お話を一話はさんだ後に
烏森を狙う敵の襲撃が・・・
風雲急を告げる感じで目が離せません。
って、サンデー読んでるからこの後の展開は分かるわけだけどw
けど、読み直しても十分面白いです。
この人は我聞のほうと違ってだいぶ線はすっきりしています。
描き慣れた感じがするんですよね~
作者の名前うちはあんまり聞いたことがない感じなのですが
結構キャリア長そうだなとか思ったり。

ふむ、まあこの2作はこれからも買うでしょう。
[PR]

by yukrid71 | 2004-11-19 00:42 | 漫画