Θは遊んでくれたよ

Θ(シータ)は遊んでくれたよ
森 博嗣 / 講談社
スコア選択: ★★★★★




というわけで、森博嗣さんの新作が発売されました。
もう、読み終わりました~w

西之園萌絵と犀川創平のS&Mシリーズの面子に、
海月及介(くらげきゅうすけ)、加部屋恵美、山吹早月の3人を加えた
Gシリーズ(いつの間にシリーズ名決まったんだろう?)の2作目。

今回は体の一部にΘ(シータ)を書いて自殺する事件が連続で起こります。
体に書かれたΘの意味とは?連続自殺事件の真相とは?
海月、加部屋、山吹の3人を中心としてお話が展開しながらも、
肝心なところは萌絵と犀川が持っていく展開w
なにげに連続出演の謎の探偵、赤柳。
Vシリーズより、電話だけ出演の保呂草。
保呂草の使いの女性が赤柳に語る中に出てくる名前「真賀田四季」・・・

単独で読んでも面白いのだけど、森氏の小説はすべてにわたって、
お話が続いています。すべての話について出演者がクロスします。
「すべてがFになる」から始まるすべての作品を読まれることをお勧めします。

さて、Gシリーズも2作出版されました。
Φは壊れたね PATH CONNECTED Φ BROKEN
Θは遊んでくれたよ ANOTHER PLAYMATE Θ
(微妙に日本語題と同じように見えて、少し違う英題もなかなか味があります)
Θはあそんでくれたよの巻末に次回作のタイトルだけは挙げてあります。
Τ(タウ)になるまで待って (英題は不明)

こうなると、Τ(タウ)の次を予想したくなりますね。
森さんのことだからΦ(ファイ)→Θ(シータ)→Τ(タウ)の並びにも何か意味が
あるのでしょうね。英字に置き換えたときに単語になる?
それともギリシャ文字のまま単語になる?
単純にカタカナ読みで頭文字をつなげてみる?

さて、ご一読あれ。
[PR]

by yukrid71 | 2005-05-13 22:34 | 小説