千葉ロッテマリーンズ対ヤクルトスワローズ 2005/5/15

というわけで、昨日急に思い立って、
「渡辺俊介投手が見たい!」
と、千葉マリンスタジアムまで行ってまいりました。

a0008459_1822333.gif


うちのデジカメではこれが精一杯なんです。けど、これでも渡辺俊介投手の
投げ方が独特であることが野球をやらない方にも分かってもらえると思います。
これ、投げている途中ですからね~
足元の草を抜いてるとかそういう落ちはないですよ~

試合のほうはヤクルトが1対0で完封勝ち。
千葉ロッテは完封負け3つを含む4連敗とまだ貯金は多くあるものの
少し暗雲が立ち込めてきたといったところ。
一方、ヤクルトは7連勝と絶好調。
以下は試合の感想です。

西岡のエラーが失点の引き金に・・・

2回表、鈴木健のヒットの後、古田のショートゴロを西岡が捌き、
ダブルプレーを取ろうと1塁に投げた送球が悪送球となり、古田は2塁へ進塁。
そのあとユウイチのショートゴロ(ハーフライナーのような打球)もエラーし、
2アウト1・3塁になる。渡辺がこのあとの城石を三振に打ち取ったため”この回は”
点は入らなかったものの打順のめぐり合わせが変わり6回への失点へとつながった。

奮投の渡辺俊介

決して調子は良くなかったのではないかと思う。
場内の電光表示で最速が124km(私の見ていた限り)。
敬遠のフォアボール以外のフォアボールは無かったもののツースリーのカウントには
幾度かなっており。決して本調子ではなかったのではないかと思う。
しかしながら、初対戦のヤクルト打線の戸惑いと渡辺投手の連敗を止めるという
気迫により散発の6安打、6回の失点1点のみ、と言う結果になった。

今日の試合で渡辺投手を打てそうなのは岩村選手しかいなかった。
その他のヤクルト選手はまぐれ当たり的なヒットしか期待できる状況ではなかった。
よって、6回の打順が当てるのがうまい土橋で始まり、当たっている岩村に続くという
ロッテにとっては最もいやな打順になったわけだ。
始めの論旨に戻るとこの打順にめぐった原因は不必要なランナーを出してしまった
西岡のエラーに帰結する。

渡辺以上の好投、石川

石川はものすごく良かった。文句が付けようの無い投球だったと思う。
唯一、石川を打ったのは6番に座ったキャッチャーの里崎。
福浦も石川から2本ヒットを放ったがそれほど良い当たりではなかった。
試合後のヒーローインタビューではシンカーが良かったと言っていた。
特に4番のベニーと6番の垣内を完璧に抑えていたのがロッテに点を
取らせなかった原因だろう。

逆にいうとロッテは福浦と里崎がヒット打っても、ベニーと垣内で打線が途切れてしまい
点が取れるような気が見ていてしなかった。
どうやら、千葉ロッテは先発が石川であったことから登録されたばかりの
垣内を含め、スイッチヒッターの西岡も含めて、福浦以外右打者で固めたオーダーを
組んだようである。しかしながら、フランコ・李を欠く打線は爆発力長打力に欠け、
また長打を警戒する必要がない打線は、古田のリードも冴えさせ、ロッテ打線を牛耳った。

不安な五十嵐・安定の石井

それだけ好調だった石川をあっさり7回で下げ
ヤクルトは8回から五十嵐をマウンドに送った。
五十嵐は投球のほとんどが直球だった。
ただし最速は高めに抜けた球に152kmがあったもののその他は148kmまで、
144km近辺が多かったようだ。ロッテ打線の早打ちに助けられ2アウトまでは
すんなり行ったものの2アウト後に堀に見られてフォアボールを出す。

次の打者が左の福浦だったことと、ひょっとしたらヤクルトベンチも
五十嵐が本調子ではないことが分かっていたのかあっさりと石井に替わります。
こちらは圧巻。直球を意識させてスライダーなどの変化球でカウントを稼ぎ、
ボールになる直球でしとめる。危なげない投球で4つのアウトを取る。
しかも、9回は3者連続三振。もう、あっぱれって感じです。


今日は突発的ながら野球を見に行きなかなか楽しかったです。
やっぱり、生で見ないと良さが分からないところがありますよね~

Let's go ballpark!
[PR]

by yukrid71 | 2005-05-15 19:11 | 野球