水無月

すでに日も変わり、6月に入りましたね。

yukridです。こんばんは。

6月と言えば雨ですね。
お休みにお出かけするってときはちょっといやかもしれませんが、
私は雨自体は嫌いではありません。

そうそう、私が大学で数学を学ぶきっかけになったお話をしましょう。
お話は高校時代にさかのぼります。3年のとき数学の担当だった先生がいました。
高校で数学を教えてるわけで、当然のごとく数学科の卒業だったわけです。
とある授業のとき、外は雨模様でした。
先生「大学のときな、雨が降るとうれしかったんよ」
生徒たち「なんで?」
先生「数学科ってとこは基本的に晴れようが雨が降ろうが教室の中で、
 紙やら黒板に向かってひたすら数式に取り組んでるわけだ。
 雨が降れば他の学科のやつらだって教室の中にいるしかないからな。」

なにしろ10年以上前の話なので微妙に言葉は違っていると思いますが
大体こんな感じ。なぜかその言葉を聞いてひたすら机で数式に向かう自分が
想像できてしまって、後に数学科を選ぶきっかけになったお話です。

先生今ごろ何してるかなぁ~相変わらず高校生に数学教えてるのかな。
宿題は一度もまじめにやっていったことのない私でしたが、午後の授業が終わり、
午後の課外授業が終わった後、いつまでも残って宿題をやっていたことを思い出します。
先生も結局あれを待ってたわけだからえらい迷惑な話だよなぁ、今思うと。

そんなこんなで数学科へ行ったわけです。
高校の数学と大学の数学では根本から違っていてえらく戸惑いましたが、
それでも、今でも数学が好きだなぁというのは変わっていないです。

なんか湿っぽいな。
まあ、いいか。さて、今日はこの辺で・・・
[PR]

by yukrid71 | 2005-06-01 01:28 | 日記・雑記