最近のPCのこと

ネタがなさげなので最近のIT系のニュースで気になった記事とか・・・

こんばんは。yukridです。

このへんから行ってみようか。

Athlon 64 X2の発売記念イベントを18日に秋葉原で開催
Penitum D 840が発売に、IntelのデュアルコアCPUが出揃う

最初はCPUから。
AMDより先行してサーバー向けデュアルコアCPU、Opteronシリーズが発売されていましたが、デスクトップPC向けCPUにもデュアルコアのCPUが発表・発売されました。
IntelのPentium D及びAMDのAthlon 64 X2。
IntelのPentium Dは初期発売のシリーズは出揃いました。
AMDのAthlon 64 X2は今週末、少量秋葉原に入荷するらしいです。
デュアルコアっていうのは簡単に言えば1つのCPUで2つのCPUで動いているように動作するCPUのことです。1つのCPUで2つ分の働きをするからといって即、性能が2倍というわけではありません。また、デュアルコアのCPUで性能を出し切るにはソフトウェア側の対応も大切です。


ATI、マルチGPUプラットフォーム「CrossFire」発表

次はグラフィックカード。
ATIがCrossfireというやからを発表しました。
これはNVIDIAのSLIに対抗する技術になります。
ここ、1~2年、集積度がCPUよりも上がり、さらに3D性能を試されるような美麗なゲームが多数出てきていることから、グラフィックカードの技術は格段に上がってきました。しかし、集積度を上げるだけではチップのサイズや発熱、消費電力の面で限界が見え、チップを2つ使用することで性能を上げる技術がCrossfireであり、SLIです。
CrossfireがSLIに対して利点はSLIが完全に同じチップのグラフィックカードを2枚必要とするのに対し、同じファミリーであればある程度違うチップでも対応可能なのがCrossfireとなっています。それにしてもATI・CrossfireにしてもNVIDIA・SLIにしても最高パフォーマンスを得ようとすると・・・ATIでX850XT PEを搭載したカードを2枚でおよそ12万wNVIDIA側ならGeforce6800 Ultra搭載カードを2枚で16万w(これはグラフィックカードだけの値段ですからねw)さすがに手が出ませんね。


米Seagate、垂直記録方式や暗号技術搭載などHDD10製品を発表

そんでHDDですのん。
Seagateから新しい製品の発表があったようですが・・・
デスクトップ用3.5インチHDDの最大容量が500GB。

2本付けるだけで1TB!

HDDの容量も年々増えてきていますがとうとうここまできましたね。
1ドライブで1TBを超えるのも時間の問題のようです。
この、記事の中でノート用2.5インチHDDで160GBってのも発表されているようです。ノートで160GBというのも凄いですね~


アップルがインテル製CPU採用、次期Mac OS Xは"Leopard"

最後はこれかな。最近では一番の大ニュース。
頑なにIBM製PowerPC系CPUを搭載してきたMacintoshパソコンですが、Windowsと同じくIntel社製のCPUを搭載することになるとか。色々と裏事情は噂されていますが同じハードの上で動作する窓と林檎・・・今のところ窓の一人勝ちの状態が長く続いていますがこれによって林檎の逆襲が始まるのか?2年後が楽しみですね。

最近IT系(というか主に自作PCに関するところだなぁ)で気になったお話などご紹介して参りました。さて、寝ます。おやすみなさい。
[PR]

by yukrid71 | 2005-06-15 01:14 | PC