第46回宝塚記念予想

さて、上半期の競馬の締めとなりました。
第46回宝塚記念の予想です。

早くから、タップダンスシチーとゼンノロブロイ一騎打ちムードが漂っております。
本命党にはいいレースかも。うちはどうしようかなぁ。
まあ、素直にタップ-ロブロイの6-15を買っても面白くないので外します。

さて、おそらく2番人気に押されるゼンノロブロイは不安点多いですよね。
およそ半年の休み明け、海外遠征を控えて100%の仕上げは出来ない。
管理する藤沢調教師は一昨年、シンボリクリスエスで同じような臨戦態勢で
4着に負けていますし・・・
(逆に反省を含めてしっかり仕上げてる可能性もありますけどね)

タップダンスシチーに不安点がないのかと言えばないことはない。(つまりある)
一番の懸念点は、やはり高齢馬であること。
中山大障害以外で8歳(旧9歳馬)がG1を勝ったことはないのではないだろうか?
(調べるの面倒なので調べてません悪しからず)
昔と違い、調教技術の進化や、獣医施設・技術の向上により故障は少なくなり、
競争寿命は延びているとはいえ8歳馬でG1が勝てるものだろうか?
単純に、今回の出走馬と比べるとタップは頭一つ抜けている存在なので、
高齢馬の不利をあっさり克服してしまう可能性も高いですけどね。

さて、有力馬2頭の不安点とか挙げたわけですが・・・
最初は2頭とも切って夢を見ようかとも思いましたが両方負けることはありえない
という気がしてきました。よって・・・ロブロイのほうを切ることにします。

タップを1位固定にして馬連単勝か3連単で行くことにします。相手探しですね。

2頭を除いて次に来ると見ている馬はビックゴールド。
今年に入ってからは充実していますね。

次に牝馬ですが、スイープトウショウ。距離は少し長いのではないかという印象が
ありますが、展開により末足の切れ味が生かせる展開になればということで。

次はリンカーン。当てにしづらい馬ですが春シーズン絶好調だった福永騎手が
騎乗と言うことで・・・

もう一頭牝馬アドマイヤグルーヴ。
天皇賞の大負けは距離ということで度外視できるでしょう。
こちらも、やや展開に左右されるところはあると思いますけどね。

トウショウナイト・コスモバルクも気になりますが・・・今回は見送ります。
馬券の種類ですが馬単で行くことにします。基本タップ固定で・・・

15→2  3,000円
15→12 2,000円
15→9  2,000円
15→12 1,000円
2→15  1,000円
11→15 1,000円

計10,000円ガチンコ勝負。春シーズンを勝ちで締めくくりたいなぁ。
[PR]

by yukrid71 | 2005-06-25 14:49 | 競馬