第6回 士郎正宗

うーん、3日前くらいにこの記事書こうとしていた気がする。

というわけで「漫画家を語ってみる」、第6回は士郎正宗氏です。
公式のホームページは見つからなかった。ファンサイトは色々あるみたいです。

さて、士郎正宗氏といえばやっぱりこれでしょう。
攻殻機動隊(2)― MANMACHINE INTERFACE STANDARD VERSION ヤングマガジンKCDX
士郎 正宗 / 講談社
スコア選択: ★★★★★




「攻殻機動隊」
2度のアニメシリーズに映画、ゲームに画集、謎本みたいなものまで、数々のグッズ等も出ています。
映画もアニメも全部見切れてないのでコメントは差し控えますが、なかなか面白いようです。
漫画のほうはというと、映像化されるとシリアスな面が強調されるきらいがありますが、コミカルな面も多いです。氏の漫画の中でも、攻殻はシリアスなほうだとは思いますが、それでもギャグは多いです。
あと多いのは欄外の説明・うんちくetc。攻殻機動隊のコミックスも欄外の説明文だけ集めてもおそらく、1冊本が出来上がりそうなくらいです。そういえば、前に紹介した、永野護氏も欄外のうんちくが多い漫画家さんでしたね。あと、このお二方に共通するのがなかなか漫画が出てこないってところでしょうか。
えーっと、前に出たのは攻殻機動隊の2が2001年に出ていますね。それ以来まともに単行本は出版されていないようです。うーむw

漫画自体の線は多め。独特の線で人物を書きます。メカがよく出てきますがある意味有機的な線を持った、なんとなく人間味のあるメカが出てきます。あと、特徴としては主人公に婦警が多いということ。しかも、特殊部隊の婦警であること。アニメになるとやや無機質な感じの女性が多いですが漫画だともう少し感じが違います。このへんも特徴かもしれませんね。

最後にわたしの持ってる氏の漫画。
アップルシード 1~4巻
アップルシード DATABOOK
ブラックマジック
仙術超攻殻ORION
DOMINION
DOMINION コンフリクト編
攻殻機動隊 1・2
[PR]

by yukrid71 | 2005-08-07 23:30 | 漫画家を語ってみる