2006年戦力分析その2千葉ロッテマーリンズ編

ふみ。更新サボり気味です。気にせず行きますw

去年の優勝チームです。どうやらあまり大きな補強はせずに今年に望むようです。
でもまあ、出入りから整理しましょう。

移籍(out) 李(巨人)、小坂(巨人)、セラフィニ(オリックス)

移籍(in) バーン(オリックス)

引退 初芝

前回やった巨人と比べるとだいぶ少ないですね~
李とセラフィニが抜けたおかげで外国人枠が空いているので中継ぎ投手を取る可能性があるらしいです。ドラフトにはこれといった注目点はなし。ロッテは若手の育成はうまいので今年入った選手が活躍するのは2~3年先でしょう。

戦力分析はこんな感じ。

a0008459_10454343.jpg

かなり高いです。李が抜けた分打力は多少低めにしました。

さて、陣容ですが・・・

投手
先発 渡辺(俊)、小林(宏)、清水、久保、小野、黒木、バーン
中継ぎ 藤田、薮田、小宮山、手嶌、加藤、川井
抑え 小林(雅)

先発は10勝6本柱からセラフィニが抜けたものの5人いれば十分。そろそろ黒木に復活してもらいたい。中継ぎはある程度リードしていれば藤田・薮田をつぎ込めばよいが均衡しているときにつぎ込む面子がやや見劣りするか?抑えの小林(雅)は今年も奮闘か、救援失敗がやや目に付くようになったのが気がかりではあるが・・・

野手
捕手 里崎、橋本
一塁 福浦
二塁 堀、塀内、早坂
三塁 今江、渡辺(正)
遊撃 西岡
DH フランコ
外野手 サブロー、大塚、パスクチ、ベニー、諸積、井上

マリンスタジアムは風があることも影響して、比較的ホームランの出にくい球場ではある。その上、去年30本打った李が抜けたので長打力の点では見劣りすることは否めない。しかし、西岡を始めとした足のある選手が多いことと、つながりの良い打線でその点をカバーしている。今年もキャッチャーを里崎・橋本の併用制にするのか、また日替わりオーダーで臨むのか(ほぼ間違いないとは思うがw)その辺が注目点だろう。とりあえずはサブローが4番に座るのだろうが(バレンタイン監督であれば、オープン戦やシーズンに入ってからの調子次第で即変わる可能性は大きいが)4番にいても去年と同じようにつなぐ野球を心がけていくことが大事だろう。

去年からすると、やや戦力ダウンか?しかし、打倒ソフトバンクに一番近いのはロッテだろう。そういうわけで次はソフトバンクです。
[PR]

by yukrid71 | 2006-01-22 11:15 | 野球