プロ野球順位予想~パリーグ編~

さて、最近更新が滞りがちです。

yukridです。こんにちは。

WBCが棚ぼた的な優勝に終わり、春のセンバツも始まり、そしてパリーグ、セリーグとプロ野球も開幕いたします。本日、パリーグが開幕いたします。開幕前ぎりぎりに順位予想などしてみようかと思います。

なぜか最下位から

いくら、経験豊かな野村監督といえども最下位から脱出するには未だ戦力が足りません。今年は若手を育て、今年のオフに野村監督の意向を踏まえた補強などが行えれば来年はもう少し期待できるかもしれません。というわけで、最下位は楽天。

残り5チームの分析?

守備&打撃の中心城島が抜け戦力ダウンは免れないソフトバンク。
李、セラフィニが抜けたものの選手層の厚さでそれほど戦力ダウンは感じにくい千葉ロッテ。
日本での最終年か?の松坂が引っ張る西武。
清原&中村など積極的に補強を行ったオリックス。
特に目立った補強はなかった北海道日本ハム。
簡単に各チームを見ていきましょう。

ソフトバンクホークス

投手力&打撃力は城島が抜けたといってもピカイチ。特に投手力は和田、杉内、斉藤、新垣などの先発に馬原、三瀬といった抑え陣が揃い万全。それを引っ張る的場を中心としたキャッチャー陣の踏ん張りが鍵になるでしょう。打撃は今オフに大型契約を行った松中を中心に小技も大きいのも狙える穴のない打線。城島が抜けたことで多少得点力が下がるかもしれませんがカバーできるだけの素地は十分にあります。

千葉ロッテマーリンズ

打線は結局ボビーマジックでそのときそのとき調子のよいバッターを相手ピッチャーに合わせて使ってくるのでそれほど問題は出ないでしょう。投手陣は今年も清水、渡辺(俊)、小林(宏)、久保といったところは健在。抑えも薮田、藤田、小林(雅)の3本柱が健在で穴が少ないです。ここ2年くらい、小林(雅)のリリーフ失敗が少し出てきたのが気になりますが。先発では5番手・6番手を復活を期す黒木や去年ファームで実績を残した手島あたりが勤めるとよい感じになります。

西武ライオンズ

松坂・西口の先発2本柱、カブレラ・和田・中村のクリーンナップは万全か。しかし、他の戦力に印象が薄い。投手では涌井、打線では赤田あたりがキーになるか。ソフトバンク・千葉ロッテに比べると戦力は落ちるか。

オリックスバッファローズ

打線に清原・中村、投手にセラフィニ等を強化したものの力が出せるかは未知数だ。打線に厚みが出たのは確かだが、北川・谷あたりの奮起が必要だろう。投手は川越が中心となるか、それにしても投手陣は手薄だ。大量点を取って投手をつぎ込んで逃げ切るというのがこのチームの勝ちパターンになりそうだ。

北海道日本ハムファイターズ

目立つのは新庄だが、戦力の中心ではない。投手陣は金村、立石あたりが引っ張ることになるのか?ダルビッシュあたりが使えるようになると戦力は上がってくる。打撃陣は4番を任せられるゼギノールに小笠原、稲葉あたりが中心となるか。比較的外人選手にはずれを引かないのが日本ハムの強さなので開幕後、打線の核になるような外人をもう一人連れてくるとなかなか脅威の打線になるかもしれない。

順位予想

1 千葉ロッテ
2 ソフトバンク
3 西武
4 オリックス
5 北海道日本ハム

6 楽天

戦力分析を踏まえた順位予想でした。
[PR]

by yukrid71 | 2006-03-25 13:28 | 野球