プロ野球順位予想~セリーグ編~

最近、全然更新してないな。やばしw

yukridです。こんばんは。

今日は仕事場からお送りしております。

お題はセリーグの順位予想。結論から・・・

1 巨人
2 中日
3 阪神
4 ヤクルト
5 横浜
6 広島

巨人
清原、江藤、ローズの放出でバランスの悪かった打線に一本芯が通った。どこからでもホームランの出る打線というのも魅力は魅力だが一発頼りの打線は確実性に低い。得点力ははるかに上がっているだろう。投手陣はいまだ救援陣に不安はあるが先発陣は上原を始めとして揃っている。

中日
エース川上、守護神岩瀬を擁する投手陣は12球団一二を争う安定感がある。駒の枚数で言えばソフトバンク・ロッテにかなわないかもしれないが、安定感では群を抜いている。打線は広い球場も相まって得点力がさほど高くない。落合監督のオレ流がはまるといきなり化ける可能性もあるかもしれない。

阪神
投手陣も打撃陣も駒も枚数も揃っている。さすがにディフェンディングチャンピオンといったところか。ただし、比較的若い投手陣(特に先発)は安定性に欠け、時に連敗や大量失点を引き起こす。上位を狙うには金本・今岡ら打撃陣と久保田ら救援陣の踏ん張りが必要になるだろう。

ヤクルト
古田プレーイングマネージャーの選手兼監督ということでやや話題が先行している感がある。補強は主に投手陣で石井(一)、高津、木田といったメジャーの出戻り組が中心だ。投手陣にいまいちインパクトが足りないので出戻り組の奮起が必要だろう。また、古田がどれだけ実際に試合に出てプレイするか、また出ずに指揮だけに専念するかそのへんの割合なども勝負の鍵になりそうだ。

横浜
昨年は3位Aクラスだったものの、巨人とヤクルトの自滅に救われてという感がぬぐえない。大きな戦力補強も無く上位争いは厳しいだろう。金城・多村を中心とした打線の奮起が上位進出の鍵になるだろう。

広島
ブラウンを新監督に迎え長く続いているBクラスを脱出したいところ。ただ、状況は厳しく優勝を争うには駒が一枚も二枚も足りない。嶋を中心とした打線はそれなりに破壊力があるので打線の奮起に投手陣がついてこれれば上位進出の芽もあるか?

巨人ファンなのでその辺は割引でw
どうやら開幕戦は頂いたみたい。

さて、今年もプロ野球始まりましたよ!
[PR]

by yukrid71 | 2006-03-31 20:59 | 野球