「蟲師」2巻(蟲の日すぺしゃる)

a0008459_13315.gif
「蟲師」2巻 漆原友紀

やまねむる
筆の海
露を吸う群
雨がくる虹がたつ
綿胞子

ここはやっぱり筆の海。

過酷な運命を背負って生まれた狩房淡幽。

蟲を封じた話を書物に書きとめながら自身に巣食った蟲を封じていく。

ばあちゃんもなかなかいい味出してますが、

最後にギンコに旅がしたいっていうとことかいいですよね

しみにより逃げ出した蟲にも慌てることもなく

淡々と写していく・・・

淡幽がギンコと旅するときがくることを祈らざるはいられない感じなのです(^^)
[PR]

by yukrid71 | 2004-06-04 01:34 | 蟲師