とらドラ!&CLANNAD AfterStory

本日は2本の感想を集中的に。

・とらドラ!
前半は学園もののコメディでシリアスな展開はほぼ無し。
後半は竜二とタイガとみのりんの三角関係を中心とした恋愛もの。
真ん中でガラリと印象を変えたこの作品も珍しいか。
おそらく、学園祭の場面あたりから入れ替わった。
禿カツラかぶったみのりんとか面白かったのだがw
後半はたまに先生がギャグを担当するくらいでほぼギャグ展開は無し。
最終回はいったん駆け落ちしようとした竜二とタイガが結局家族と決着をつけるためにいったん別れ、1年後卒業式で再び会う。
タイガのセーラー服がなかなかかわいかった。
全体としては前半の破天荒な展開も後半の細やかなそれぞれの感情を描写したところも良かったと思う。
狂言回しに回ったあーみんだけが不憫だがw
全体としては良かったなぁ。今期の一押しでした。

・CLANNAD AfterStory
最終回は朋也が汐にいままでのことを語る形の総集編。
・・・こんなのはDVDのおまけででもやりゃー良いと思うんだがw
ピッコロさんとこで話していたときも問題になったのは結局原作ゲームをやった上でこのアニメを見ている人間と、アニメだけを見ている人間との温度差。
無印CLANNADのほうでは杏や智代、ことみのエピソードをやってるわけだが、実際のゲームではその後恋人になるわけだ。
だが、アニメでは渚が恋人という前提を崩せないのでゲームとアニメの展開に齟齬がでる。
AfterStoryのほうのエンディングも渚も汐も力尽きるエンディングは実際にあり、その上で両方生き残るエンディングもある。
京アニは原作通りに作るのはうまいスタジオだ。
が、CLANNADについては原作をなぞるだけでなくシナリオ的に齟齬の出ない展開を見せて欲しかったなぁ。
絵のクオリティは高いし、各キャラの動きやなんかの描写は細かかった。
ゲームをやってる身としてはうまくまとめたなぁと思ったりもするんだが、アニメだけ見ているとポカーンな展開も多かったかもしれない。
まあ、その辺をまとめるのは難しかったりするわけだがw
keyが好きなら迷わず薦められる作品。
好きじゃない&知らない場合はちょい薦めるのは躊躇するかも。
[PR]

by yukrid71 | 2009-03-28 21:18 | アニメ