鋼の錬金術師 第1話「鋼の錬金術師」

鋼の錬金術師 第1話「鋼の錬金術師」

待ちに待った第1回。
いきなりオリジナル話から入るとは思わなかったなぁ。
場面はアイザック・マクドゥーガル(CV:山寺宏一)氷結の錬金術師との戦いの場面から始まります。



しかし、オープニングのタイトルコール直後から小さい小さいw
かわいそうだなエドwww

声優が変わった大佐ことロイ・マスタング(CV:三木眞一郎)ですがそんなに違和感は無かったかな。
リザ・ホークアイ(CV:折笠富美子)のほうは若干無理して低く出している印象があったけど・・・

原作はリオールの話から入るわけですがそうか確かに原作通りじゃ面白くないわな。
また、原作の流れを崩さずに主要キャラの紹介を行うそのための1回目か。

主要キャラではまずエルリック兄弟(エド:CV:朴ロ美、アル:CV:釘宮理恵)。
ロイ&リザのコンビに、キング・ブラッドレイ(CV:柴田秀勝)
暑っ苦しい、ルイ・アームストロング(CV:内海賢二)、刑務所内のゾルフ・J・キンブリー(CV:吉野裕行)。
ロイの友人で中央勤務のマース・ヒューズ(CV:藤原啓治)。
そして、敵側のラスト(CV:井上喜久子さん)とグラトニー(CV:白鳥哲)。
ま、この2人はリオールにすでにいたわけですが・・・
喜久子さんこういうキャラでも出来るんだなぁ~さすがだ。

※朴ロ美さんのロの字は王編に路。

アイザックの錬成陣を重ねて氷の壁を出現させる錬金術は原作の範疇からするとここで出すのは進みすぎな気もする。
また、不完全ではあるもののアイザックは賢者の石を持っていたようだ。
真実を知った上でキング・ブラッドレイの抹殺を目指したのだとすればそれは矛盾するように感じる。
まあ、多分表層のみを知っていて本質は知っていないのだろうな。

ま、今回一番笑わしてもらったのは、

「まったく、、、無能は雨の日だけにしてくださいね」

・・・大佐wwwwwwwwwwwww

今回、すでにヒューズおよびその家族に会ったことや、ブラッドレイに息子がいることを知っていることは原作のこの段階ではなかったはず。
そのあたりのフラグの整理をちゃんと付けてくれれば今回の第1回は良かったと思う。
まあ、作画とかもさすがの出来だったし。

OPのYUIはあまり合わないかなぁと危惧してたんだけどいやはや全然。
映像のほうもきっちり歌に合わせて展開するし、スカーやら前半の主要キャラはすべて押さえてていい感じだった。
EDのシドはあれは映像が卑怯だなぁとあのほんわかした絵でやられるとなんか降参という気がする。

次回は第2話「はじまりの日」
そっか、過去の原因のほうを先にやるのか。
そしたらリオール編に入るのかな。
[PR]

by yukrid71 | 2009-04-05 18:07 | ハガレン