鋼の錬金術師 第11話「ラッシュバレーの奇跡」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第11話「ラッシュバレーの奇跡」

エドとアルの師匠のいるダブリスに向かう途中3人はラッシュバレーに立ち寄る。





ギャグ回かなと思ったら案の定w
ま、終わりはなかなかまとまってたしトータルとしては良かったかと。

Aパート
ラッシュバレー到着からオートメイル技師たちに囲まれて、
パニーニャ(CV:岡村明美)に銀時計を取られて・・・
って流れはほとんど原作通り。
けど、そっから先は原作からするとだいぶはしょったw
実のところ直接パニーニャがドミニク(CV:飯塚昭三)さんとこに
逃げるわけないと思うんだけどまあ許容範囲かw
そして3人はドミニクとリドル(CV:川島得愛)&サテラ(CV:紗ゆり)夫妻のところにたどり着く。
ウィンリィがパニーニャの昔のことを聞いたり、
ウィンリィがドミニクさんに弟子入り断られたり・・・
そして、エドとアルはサテラの中の生命の息吹を聞く・・・

Bパート
にわかに産気づくサテラ。
ドミニクは医者を呼んでくると出て行くが時間がかかりそう。
不安そうに待つ一向にサテラの一言・・・
「産まれる!」
ここでウィンリィが腹をくくり赤ん坊を取り上げる覚悟をする。
そして・・・
生まれ出る命。

「生命の誕生だぞ、錬金術師が何百年かけていまだなしえてない人間が人間が創るってことを!」

ウィンリィが銀時計のことを謝って、エドとアルの過去が少し語られる・・・
そして、ドミニクと医者が着いて天気も回復。
ラッシュバレーで修行するウィンリィを置いて、エドとアルはダブリスに向かう・・・

a0008459_17461255.jpg

そういえば駅から電車に乗るときにこんなものが・・・
左から、スカー、グリード、ヨキってところかねw

原作との対比
内容的には原作5巻のほぼ半分。
17話から19話のラス前まで。
原作との相違はラッシュバレーでのパニーニャとの追いかけっこがもっと長かったのと、
サテラさんが出産に至るまでの状況が若干違う。
ま、縮め方としてはきれいに縮まってたかな。

キャラの名前の話
荒川さん自身が原作のあとがき漫画でばらしてるけど最初は航空機関係が多い。
ヒューズとかムスタング、ハボック、ブレダなんかは第二次大戦あたりの航空機の名前になってる。
んでネタ切れしたあたりから居酒屋のチラシから名前を選んだそうで
今回のパニーニャとか今後出てくるマーテルとかドルチェットとかは居酒屋(というか酒屋?w)
系で名前を考えたらしい。
聞くとわかるけど結構、聞いてみないとわかんないものだなぁと思ったり。

次回は最強主婦イズミさん登場。
てか、タイトル的に過去編を1話でやっちゃったりするのかな?
[PR]

by yukrid71 | 2009-06-14 18:00 | ハガレン