鋼の錬金術師 第18話「小さな人間の傲慢な掌」

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第18話「小さな人間の傲慢な掌」

アームストロング少佐にむりやりリゼンブールまで連れてこられたエドはブレダ少尉と落ち合う・・・



今回は戦闘回かね。
ま、来週まで続くけどね~

Aパート
ホテルに残されたアルとウィンリィのところに現れるリン。
ふつーに窓から来ちゃうリンw

エド一行は砂漠を渡ってクセルクセスの遺跡へ
クセルクセスの遺跡にはフー爺さんが・・・

そして、エドがしたアメストリスに来た「東の賢者」の話とフー爺さんのシンに伝わる「西の賢者」の話・・・
両方とも出はクセルクセス?

てか微妙に賢者の絵がネタバレしてるんだが・・・笑えるw

クセルクセス遺跡の奥へ行くと・・・
マスタング大佐に殺されたはずのロス少尉が・・・
アームストロング少佐・・・怖いですwwwww

そして、ロス少尉絡みの企みのネタばらし。
焼死体をでっち上げた下り・・・
その経緯はそれなりにマスタングにはトラウマなわけだが・・・

しかし、Aパート終了のキャッチの暑苦しいことこの上ないw

Bパート
アルとウィンリィにもリンから説明される。

しかし、事件の真相を知ることはヒューズの死を思い知ること・・・


エド「禁忌を犯した俺たちに、協力してくれる人がいる、怒ってくれる人、支えてくれる人がいる、元の体に戻ろうと約束した弟がいる、そして、後戻りは出来ない、だったら、前に進むしかないじゃないか、誰一人失わない方法で、もし誰かが犠牲になりそうになったら、俺が守る」

ロス少尉の決意。
それははるか先への複線・・・

エド「ビンタの借り返せなかった」
ロス「また今度ね」

部隊は切り替わってセントラル
コードネームはこんな感じ・・・
エリザベス=リザ・ホークアイ中尉
ケイト=ケイン・フュリー曹長
ジャクリーン=ジャン・ハボック少尉

ここで現れた客は・・・
バリーの肉体。

実験動物かなにかの魂を入れられたバリーの肉体だった。


再びクセルクセスのエド。
賢者の石の練成陣に似たものを見て悩む。
そして、イシュバール人の集団につかまる。
が、長老のばあさんに止められて和解。
その、理由は・・・ウィンリィの父母ロックベル夫妻。
イシュバール人を治療し続けた、
けれど、イシュバール人に殺されたことを知る。
まあ、ぶっちゃけスカーなわけだが・・・

そして、エドはリゼンブールに戻る。

再びセントラル
肉体と合わない魂を入れられたバリーの肉体はすでに限界が来ていた・・・

そして、狙撃を行うホークアイ中尉のところにはグラトニーが・・・

待て次回!


原作との対比
9巻の最終37話と10巻の最終41話の組み合わせ。
時間軸的に同時の出来事だからどちらから語ってもおかしく無いし出来は良い。
だんだん盛り上がってきたなぁ~
[PR]

by yukrid71 | 2009-08-05 22:56 | ハガレン