メダル数まとめ

とうわけでメダル数のまとめなわけですがとうとう連続メダルゲット途切れてしまいました。
残念・・・というわけで個数のほうは前記事をご参照ください。
今日行われる競技でメダルが期待できる競技のご紹介を中心に記事を書いていきます。

まずは野球。オーストラリアに力負けをしてしまった野球ですが、
予選リーグで完勝しているカナダが3位決定戦の相手になりました。
先発は左打者がずらりと並ぶカナダなので岩隈が有力でしょうか?
ここはしっかり勝って銅メダルを確定させてほしいですね。

次は金も期待できるシンクロデュオ。ただロシアのペアも強い様子。
得点の経過が3位以下と比べるとロシアペアと日本ペアが飛び抜けているので
現状では金か銀かといった様子で推移しています。
ここはどうにか踏ん張ってロシアペアを逆転して金をゲットしてほしいですね。

そして自転車ケイリン。日本生まれの自転車種目ケイリン。
日本国内で行われている競輪とは若干コースや人数が違いますがまぎれも無く
ケイリンは競輪です。1億円プレーヤーの伏見選手が出場します。
ここは競技発祥の地の意地も含めてぜひ金メダルをゲットしてもらいたいですね。

ちょっと地味なところではトライアスロン女子もメダル不可能ではないでしょう。
鉄人レーストライアスロン。マラソンでの過酷な状況から鑑みるにトライアスロンでも
過酷な状況が予測できます。波乱もありえます。日本選手がうまくはまれば
メダルにも手が届くのではないかと予測しています。

レスリング男子。残念ながら今日決勝が行われるクラスではメダルには手が届かなかった
ようですが女子に負けずに2個くらいはメダルをゲットしてほしいですね。
というか2個という数字は十分可能な数字と見ています。

こんな感じでしょうか。あと数日でオリンピックも終わります。
残りの種目少ないですが気合を入れて応援しましょう!!
[PR]

by yukrid71 | 2004-08-25 12:49 | スポーツ