アテネオリンピック所感

メダルの総数から

金メダル・・・16個
銀メダル・・・9個
銅メダル・・・12個

オリンピック関係の記事をサボってる間に・・・
レスリング男子フリースタイル55kg級 田南部力 銅メダル
レスリング男子フリースタイル60kg級 井上謙二 銅メダル
陸上男子ハンマー投げ 室伏広治 銀メダル→金メダル
(アヌシュ選手の失格による)

と2つのメダルゲットと1つメダルの色が変わりました。

今回のオリンピックで思ったことは2つ。
個人競技の健闘に対して団体競技のふがいなさが目立ったということ。
もうひとつは総じて男子選手より女子選手のほうが健闘したということ。

競泳と体操こそ男子頑張りましたが、柔道とレスリングは獲得メダル数負けてます。
振るわなかった団体競技にしたって、バレー・ホッケーバスケなどは
女子チームのみの出場で男子チームはオリンピックに出れてさえいません。
サッカーも男子は予選リーグ敗退に対して女子は決勝トーナメントまで残りましたから。
(もちろん試合数が違うので単純に比べるのはナンセンスですけど)

けどまぁ、全体的に見るとよく頑張ったほうでしょう。
あんなに金メダル取れると思ってなかったですから。
マイナーなアーチェリーとかヨットとかでメダルが取れたのも大きいですね。

最後に室伏選手の金メダルについて思うところですが。
あれはあまりよい感じはしていません。
もちろんドーピングをやっていたなら罰せられるべきだし、
その可能性は高いという見方もありますが・・・
なんとなくもやもやとしたものが残っていてはっきりしません。
はじめIOCが問題視しない方向で動いていたのが手のひらを返して
召喚したあたりに何かの意思を感じてしまうのは穿って見すぎでしょうか?

商業的には、また日本選手団としては大成功だったオリンピックですが、
オリンピック停戦にテロ組織等が応じなかったり、ドーピングにより失格者が出たり、
問題も抱えています。
次の北京ではそれらの問題が少しでも解決できるよう我々も努力していかなければ
いけないのかもしれません。
[PR]

by yukrid71 | 2004-08-30 23:13 | スポーツ