カテゴリ:猫( 6 )

真・仙台日記

月曜日のアニメタイム終了~現在「はじめの一歩」の映画版やってますw

今回、仙台に行ったのは~

a0008459_2563094.gif


虎徹に会うため!

おすわり、虎徹。

a0008459_256517.gif

見上げてる、虎徹。

a0008459_2573190.gif

狙う、虎徹。

a0008459_2575664.gif

お食事、虎徹。

a0008459_2583349.gif

哀れ、虎徹は囚われの身。(ウソですw)

ただし・・・
[PR]

by yukrid71 | 2005-10-11 03:05 |

三毛猫の雄

仕事もうそろそろ終わりなんですが猫の写真とか見てたら
三毛猫の雄が珍しいという話を思い出して調べだしてしまいました。

三毛猫の科学

(トップページはこちら>招き猫倶楽部

いやー上の三毛猫の科学を見ると詳しく載っていますが簡単に言うと
クラインフェルター症候群という染色体異常の病気で3万匹に1匹の確率で
生まれるそうです。

(略しすぎかなぁ)

しかもクラインフェルター症候群は生殖能力を持たないので一度三毛猫の
雄が生まれたからといってその子が生まれて(三毛猫の雄)引き継ぐということが
できないのでさらに生まれる確率が減るわけです。

三毛猫の雄はほんとに偶然でしか生まれないわけです。

三毛猫の雄を船に乗せるとその船は沈まないという言い伝えもあり、
南極観測船に三毛猫の雄が送られたこともあるそうです。

最後にこんなサイトを見つけたのでご紹介

ねこ てんこ盛り

さて、帰ろうw
[PR]

by yukrid71 | 2004-06-08 20:29 |

猫Link

にゃんこ関係のLinkをご紹介

ちろりの猫写真館

月一回くらい訪れてる猫の写真館です。
壁紙とかスクリーンセイバーがかわいくておすすめです。

猫の部屋

Googleで”猫”で検索すると一番上にくるサイトだったりします。
飼えないけど里親募集のBBSとか見ると心が洗われますw


テーマパークを2つ

猫(にゃん)だ!PARK

千葉の先っぽのほうにあるらしいです機会があれば行ってみたいけど
野郎ひとりで行くところではない気がしますw

MKスエマツ『ペットのたまてばこ』

いぬたま・ねこたまを運営してるところのホームページです。
ねこたまは前から行きたかったところなんですが上と同じ理由で躊躇してます(^^;


Exciteブログから2つ

猫ログ

リアムかわいいです。成長日記みたくなってます。

しろねこせぴあ

猫ばっかりじゃないですけど結構猫のってます。おもしろい系の写真が多いようですがw

やーん、猫触りたいw
(30過ぎの親父がきしょいですね(==;)
[PR]

by yukrid71 | 2004-06-07 23:59 |

猫の思い出ーさくらー

桜の時期はもう過ぎてしまいましたがさくらから始めようと思います。

さくら(雌:雑種)

さくらは小学校4年のとき家を新築して引っ越した後廃屋になっていた
元の家のほうに住み着いた野良猫が産んだ子猫のうちの一匹でした。

子猫が廃屋にいるというのは父から聞いていたのですが親猫がいたため
うかつに近寄れないのでほったらかしでした。

ある程度大きくなった頃、親猫はすでにおらず、
兄弟も巣立ったのかさくらが一匹残っている状態になっていました。

この頃は廃屋で親を呼ぶ、「にゃーお、にゃーお」
という声を良く聞いていた記憶があります。

かわいそうなのでこの頃から母と飼おうよという話が決まったのですが
すでにそこそこ大きくなっていたので簡単には捕まらなくなっていました。

ただこの頃からうちの猫の餌を横取りに廃屋のほうから遠征してくるように
なっていたのでしばらくして母と2人がかりで捕まえることに成功します。

さくらは今まで私の見た猫の中で一番の美猫でした。
毛色は白、本当に純白、唯一おなかの真中にきじの斑点がひとつあるだけ
の猫でした。

捕まえたのはよいもののすでにそこそこ大きくなっていたのでそのとき
飼っていた他の猫と飼うわけにはいかないだろうということでさくらは
私の部屋で閉じ込めて飼うことになりました。

始めはまあすごかったですw
今まで自由気ままに暮らしてきた野良猫を6畳間に閉じ込めちゃったのですから

そこらじゅうで粗相をするわ紙という紙は引き破るわ棚の上のものはことごとく
落とすわと・・・

そんな嵐のような状況も根気強くトイレをしつけ寝食をともにするうちに馴れて
かけがえのない猫になっていきました。
馴れたころには私の部屋のうらの窓から外に出してやるようになり
帰ってくるとそとで「にゃー」と一泣きして窓をがりがりと前足で掻いて
入れてくれと催促するようになりました。

結局、母や父には馴れなかったのですがw

子猫生んだらかわいいだろうねと母と話していたのですが
別れは突然やってきました。
いつものように裏の窓から外に出してあげたのですが
2度と窓を掻いて入れてくれと催促されることはなかったのです。

母は「きれいな猫だから持ってかれちゃったかねぇ」とか話してたのですが
私は野良でまた生きていけるようになったのだと思い込みました。

もう20年近く前のお話です。
桜の時期はさくらのことを今でも思い出します。
[PR]

by yukrid71 | 2004-04-14 13:49 |

猫の思い出ー序ー

出身が宮崎県だというのは前に書いた気がします。
家業がブロイラー(食肉鶏)というのも鳥インフルエンザの
お話で一回書きました。
まあ、何が言いたいのかというと田舎に住んでたということです。

高校を卒業して家を出るまでは
犬、猫、アヒル、うさぎ、金魚・・・etc
色々な動物を家で飼っていました。

特に猫、多い時期は13~15匹とかいた時期もあったりして
猫の餌代で大変な時期もあったりなかったりw

それだけの猫を飼っていた時期があってやはり
思いで深い猫や忘れられない猫がいろいろといます。

次からはその思い出を語ってみようかなと思っています。
[PR]

by yukrid71 | 2004-04-14 12:54 |

きじとらにゃんこ

a0008459_19548.jpg
お昼に弁当を買いに出かけたら近所にいました。

もうちょっとアップで撮れればよかったのですが
あんまり人馴れしてないのか警戒されてしまい
近付けませんでした(TT-TT)

携帯カメラ(N504iS)なので
画像がしょぼいのは勘弁ください
[PR]

by yukrid71 | 2004-04-13 19:55 |