<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

屍鬼 蔡蒐話(最終話・第22話)

屍鬼 蔡蒐話(最終話・第22話)

最後ですし全体を通した感想も含めて書こうと思います。
最終話のポイントは3つ
①静信と沙子
②辰巳と夏野
③恵

ま、ネタバレもあるのでMoreで・・・

感想
[PR]

by yukrid71 | 2010-12-31 19:31 | アニメ

アニメ四方山話

固定タイトルの感想はめんどくさいので軽く雑談でも・・・w

年が明ける前に1月開始アニメを通り越して4月開始10月開始の情報が流れ始めてますね。
主にジャンプフェスタに関する集英社系原作のアニメの情報が主のようですが、現在放送中のSTAR DRIVER 輝きのタクトの後番組が青の祓魔師に決まったのは地味に驚きです。
ここの枠は最近はほぼスクエニ&ボンズで抑えていたのがジャンプ&A-1 Picturesですからね。
まあ、その次の春からが再度ボンズに戻る可能性はあると思いますけどね。
個人的な読みとしてSTAR DRIVERが2クール+2クールの変形4クールの可能性もあるかなと思っているので・・・
バクマンの秋に2期開始はまあ予想通りですね。
今の進み具合があまりに遅すぎますし。
今の放送が春までで欺探偵を連載するあたりまでですかね?
連載開始のところまでか連載終了までかはもうちょっと見極めが入りそうですけどね。
1月からもべるぜバブとレベルEが始まるのでなんだかんだとジャンプ系はアニメ放送が切れないですね。
小学館や講談社にも頑張ってほしいものですw

軽くタイトルごとの感想を

感想
[PR]

by yukrid71 | 2010-12-19 17:57 | アニメ

刀語 第十二話「炎刀 銃」

刀語 第十二話「炎刀 銃」

大河小説として企画された西尾維新の代表作が、
大河アニメとして年間放送される。
その企みも今月今宵が最後となりました。
それでは最終回まで通して12話すべてを含めた感想を書いて参りましょうか・・・

右衛門左衛門の凶弾に倒れるとがめ。
そして、末期の会話を七花と交わす・・・

とりあえず感想
[PR]

by yukrid71 | 2010-12-12 14:43 | アニメ

屍鬼 第悼と柩話(19話)

普通のゾンビものであれば人間側の反撃が始まるとスカっとする展開が多いわけですがひたすらウェットなともすると屍鬼側に肩入れするような展開。
千鶴、律子、恵、砂子・・・
屍鬼側の女性キャラが印象的な回でした。

本編の感想はここまでにしてアニメで語られないカットの簡単な解説です。

バスで去っていく老女-竹村 タツ-
前回のお話になるのですがバスで外場村を去っていくおばあさんがいました。
彼女は要所要所で爺婆が雑談をしていた商店の主です。
彼女の店の場所は村の出入り口に近く必然村の異変に早くに気が付くことになります。
店の前の噂話を聞き流しながら彼女は村からの脱出を一番に考え、
村から遠くの特別養護老人ホームに入る算段を付けます。
そして、霜月神楽の始まる前日に村を去ります。
私は原作・アニメを通じて彼女が一番賢い行動をしていると考えています。

ドライブインの女主人-矢野 加奈美-
今回、女性陣が回った最初の家です。
彼女は唯一の肉親である母妙を失います。
妙は起き上がりを確認するために山小屋に置かれるのですが・・・
(山小屋に置かれる描写は前回ありましたね)
見張りがいないうちに起き上がり、起き上がりだと意識しないまま加奈美の元に戻ります。
加奈美は母妙の帰還に驚きながらも喜びます。屍鬼だと気が付きながら・・・
お腹が空いたという妙に彼女は通常の食事を与えようとしますが、
屍鬼である妙は通常の食事を受け付けません。
そして、彼女は・・・

子供に異常なまでの執念を見せる-前田 元子-
元々、舅・姑と折り合いが悪く子供だけが彼女の拠り所だった。
そんな彼女のうちも屍鬼たちに襲われて落ちていく。
そして、舅の巌は起き上がる・・・
最後、唯一残った息子の茂樹も襲われる。
屍鬼を半ば狂気の中で理解した彼女は襲われた息子(すでに死亡)を
抱き起き上がることを信じて目張り内鍵をかけた風呂場の中に閉じこもる。
しかし、息子は起き上がることはなく・・・

原作ではこの辺のエピソードもきっちり書き込まれています。
気になった方は原作小説をお勧めします。
さて、アニメはクライマックス。

夏野の活躍回がくるのかな?

アニメ19話の時点ではまだ屍鬼たちの本拠が奥入であることは判明していません。
原作では律子がやすよを逃がすことにより奥入が本拠地であることが暴露されるのですが・・・

展開を楽しみに見ていきましょう。
[PR]

by yukrid71 | 2010-12-10 11:20 | アニメ